「読みたいことを、書けばいい。」を見た感想!田中泰延って誰?

BOOK

「読みたいことを書けばいい。」という
ちょっと変わったタイトル。

パラパラめくっていくと結構見やすかった
ので買うことにしました。

しかし文章術の本にしてはなにかおかしい。
この著者は根っからの文章好きではないようです。

いきなり「あなたはゴリラか?」などという
冒頭から始まる。なんとなく続きを読みたく
なりませんか?

 

この本を読んでほしい人

⚪︎オヤジギャグを許せてちょっと変わった
文章術を知りたい人

「読みたいことを、書けばいい.」ってどんな本?

この本は一応、文章術の本ということらしい
です。

しかし一般的に見られる文章術の本だと
思って見ない方がいいでしょう。

 

なにせところどころでギャグみたいなものを
かまし、今まで聞いた文章術とは逆の
意見を言ったりするからです。

さてさてどんな内容なのか見ていきましょう。

「読みたいことを、書けばいい。」の著者はどんな人?

筆者のプロフィールですが、

早稲田大学から電通で24年間コピーライター
として活躍。

長い文章を書くきっかけになったのは
映画の感想をツイッターで呟いていたのを
他の人が見て気に入ってくれてから映画評論
を書くことになったと言います。

衝撃的なことにコピーライターでありながら
文章を書くのが苦痛で仕方がない人間なのだ
と告白しています。

序章 なんのために書いたか

この本は書くための考え方を示す本で、
普通の人はとにかく文字が多ければいいと
考えているが、実は文字が少ないことが
大切だと言います。

これにはすごく共感できました。

私は文字が多すぎると見る気がしなく
なるからです。そんなことありませんか?

第1章 なにを書くのか

この著者によると普段会社や学校で提出する
ような報告書やレポートを文書と言い、
こんなものを好きで見たがる人はいない。

そしてネットなどで見られるブログや映画評論
などの正体は文章と言い、
その文章という
ものの正体は随筆なのだと言います。

随筆?なんのこっちゃと思う人が大半でしょう。

私も同じく「???」って感じでした。

筆者の言う随筆とは

事象と心象が交わるところに生まれる文章

P54

事象とは見聞きしたこと、心象とは事象
によって心が動いて書きたくなる気持ちが
うまれること。

映画を見て感想を書くなどは随筆と言って
いいのでしょう。

この部分は目からうろこでなるほどと
思わされました。

第2章 誰に書くのか

ブログの本などを見ると誰に向けて書くのか
明確にしろと言われます。

いわゆるペルソナというものですね。
1人に向けて書くことで多くの人に響く文章
が書けると。

私もペルソナのことを知った時には
なるほどと思ったものです。

しかしこの著者は逆のことを言っているのです。

自分で読んで面白いものを書くべきだと。
んん~ここは賛否両論わかれますね。

第3章 どう書くのか

この冒頭で少しドキッとさせられました。

「つまらない人間とは自分の内面を語る人」

要は人としゃべる時に暑い、寒い、嫌い、
好きということばかり言ってしまうことです。
まさに自分がそうでした。

いや、でもそういう人多いですよ。

この著者は物書きは調べることが9割9部5厘6毛
と訳の分からないことを言っています。

つまり自分の言いたいことなど1割以下で
残りは徹底的に調べなさいということです。

ここで本書で一番大事なことを言っています。

 

「一次資料に当たる」

 

ネットなどで見られる文章はほぼ2次情報で
オリジナリティがありませんよね。

自分の経験談があれば最高の一次情報と
なりますがなかなか難しいものがある。

そこでいろいろ調べる訳ですが筆者がよく
利用している場所があるらしいのですが、

それはここでは伏せておきます。

第4章 なぜ書くのか

この章の冒頭で「書くことは世界を狭く
することだ」という言葉から始まっています
がイマイチよく分かりませんでした。

分かったのは最後の「自分のために書けばいい、
読みたいことを書けばいい」ということです。

よくみればこの本のタイトルそのままですね。

「読みたいことを、書けばいい。」を読んだ感想!まとめ

この本のおわりに、いつ書くのか、どこで
書くのかという質問にさらっと答えており、

おわりのおわりに編集者の人に文章術の本
として具体的に述べられてないといけないの
ではないかという質問に対しても一言で
終わらせています。

この本を読んでどう思ったかと聞かれたら
おもろいおっさんが書いた本と答えるでしょう。

ところどころにギャグみたいなのをかまし、
たまーにまともなことを言う。

こんな文章術の本は他に見たことがありません。

良い点をのべると非常に文字が大きく少ない
ので読むのが遅い私もサラッと読めたことです。

 

なぜかよく分かりませんがこの著者の続編が
発売されたら多分買ってしまうと思います。

少しファンになっちゃったかな?

タイトルとURLをコピーしました